兎と亀マスクブログ

irekawari3.exblog.jp

入れ替わり小説の投稿、映画の感想、艦隊これくしょんの話題など。
カテゴリ
リンクコーナー


tsuniverse

tsuniverse様のブログで、憑依がメイン。東方Projectやオリジナルの憑依漫画・イラストがあります。
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧
その他のジャンル
お気に入りブログ
最新のコメント
お返事遅くなってすみませ..
by 兎と亀マスク at 21:42
これの続きって作ってもら..
by やまやま at 21:36
電源が入らなくなるとすご..
by 兎と亀マスク at 14:13
東芝のタブレットを中古で..
by s90 at 10:52
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 22:30
読んで下さっていてありが..
by 兎と亀マスク at 22:29
nexus7なのですが、..
by ねこずき at 22:05
いつも楽しく読ませてもら..
by からさん at 23:10
自分の趣味&欲望丸出しの..
by 兎と亀マスク at 22:13
魔王の体のヒロインと勇者..
by 三 at 20:09
最新のトラックバック
ライフログ
外部リンク
ファン
ブログジャンル

艦隊これくしょん外伝 駆逐艦浜風と練習巡洋艦鹿島の身体が入れ替わった!!

艦隊これくしょん外伝
駆逐艦浜風と練習巡洋艦鹿島の身体が入れ替わった!!



女同士入れ替わり



ある日、一緒に出撃した浜風と鹿島。
敵の深海棲艦の攻撃を同時に受け、大破した二人は仲間の艦娘の助けで母港に無事戻る。
だが、鎮守府の病室のベッドで目覚めた二人は……なんと、身体が入れ替わっていた。

明石曰く、ダメージを受けた衝撃で浜風と鹿島の心と身体が入れ替わってしまったのではないかと推測されたが、元に戻る方法は分からず、二人は入れ替わった身体のまま生活することになった。

提督の秘書艦だった鹿島は、入れ替わった浜風の身体のまま、秘書艦任務をすることになった。

ここの提督は秘書艦の鹿島と恋人の仲だ。
しかも提督は女癖が悪く、鹿島以外のいろんな艦娘に手を出している。
ここの鎮守府は比較的おおらかな雰囲気のため、艦娘たちもそんな提督の性癖を受け入れている者が多い。
しかし浜風は自分に手を出そうとしてくる提督が苦手だった。
浜風は鎮守府内でもトップクラスのおっぱいの持ち主のため、巨乳好きな提督に狙われていたのだ。

今までは単に拒否すれば良かった、だが今、浜風の魅力的な女の身体は……提督の女、鹿島のものとなっているのだ。



鹿島「お願いします鹿島さん、私の身体で提督を誘ったり、しないで下さいね?」

提督の執務室の前で、紺のミニスカに白い女性用スーツを着た鹿島が泣きそうな顔で浜風にお願いしている。

浜風「うふふ、でも浜風さん、貴女はせっかくこんな女として立派なモノをお持ちなんですから、使わなきゃ損ですよ?」

同じく提督の執務室の前で、鹿島の前に立っているのは浜風だ。紺のミニスカに、白と青のスタンダードなセーラー服を着ている。右目を前髪で隠している浜風は、見える左目で妖しく鹿島をみつめ、語りかける。
そして両手でJカップはあろうおっぱいを両手でつかんで揺すってみせる。
セーラー服の生地はおっぱいの揺れに耐えきれず、張り詰めすぎて破裂しそうだ。

鹿島「や、やめて下さい!私は好きでそんな身体で生まれたんじゃありません、鹿島さんはその、提督と仲がいいのかもしれませんが、私は提督が、男の人が苦手なんです」

鹿島は慌てて浜風の手袋をはめた手首をつかんで、おっぱい揺らしをやめさせる。

浜風「あら……じゃあ、ちょうどいいじゃないですか。もうこの身体は私のものなんですから、もうこのJカップおっぱいに悩むこともないでしょう?」

鹿島「そ、そんな、そんなのだめです、私の身体を、浜風の身体を返して下さい」

鹿島は浜風に抱きつき懇願するが、浜風に両手で軽く突き飛ばされ、離されてしまう。

鹿島「きゃっ」

浜風「だめですよ、元に戻る方法が分からないんですから、入れ替わった身体のまま生きていかないと。それじゃ、私は秘書艦の任務がありますので、失礼しますね」

そう言って浜風はミニスカートの裾を翻し、黒のタイツ越しに白のパンツを見せつけながら執務室の中へ入っていった。

鹿島「ど、どうしよう……このままじゃ、私の、浜風の身体が……」

鹿島は手袋を履いた手で自分の身体を抱きしめ、絶望の表情を浮かべている。





そして提督の執務室の中では。




提督が鎮守府の中で一番に狙っていた艦娘、浜風。
だがその浜風は男嫌いで、自分のことを避けていた。
その浜風が……今は、身体を妖艶にくねらせ、自分の腕でJカップのおっぱいを押し上げ性的アピールをし、前髪からのぞく左目で自分に熱い視線を送っている。

浜風「提督……鹿島の新しい身体、味わってみませんか?」

そう言って誘惑してくる浜風の痴態に、提督のチンポは一瞬で勃起した。
提督は椅子から立ち上がり、浜風に駆け寄って浜風を抱き、浜風の唇にキスをした。

浜風「ん、んぅぅん、提督、激し……」

提督と浜風は5分ほどキスをし続けた。
5本ほどして唇を離す提督と浜風。
浜風の顔は上気して赤く染まり、すっかりメスの顔になっている。

浜風「ん……うふふ、提督さん、鹿島の身体の時でもこんなに激しくしていなかったのに……よっぽど、浜風さんの事が好きだったんですね」

提督「ああ……だが鹿島、今はお前が浜風だ」

浜風「ええ、浜風さんのこのオンナの身体は、もう鹿島のものです。だからこのJカップおっぱいも、提督さんの好きにしていいんですよ?」













後書き。


「雪国裕」様のこちらのイラストの浜風がめっちゃ妖艶でエロいのでこの絵を見ながら書きました。


ニコニコ静画版でのコメントに「こいつ鹿島だろ」「男に拒否感あったけど自分に女の魅力があることを徐々に楽しんでそう」というのがあって、この2つのコメントに刺激されてこの入れ替わり話を書きました。



[PR]
by usagitokame_mask | 2017-01-03 06:13 | Comments(0)