兎と亀マスクブログ

irekawari3.exblog.jp

入れ替わり小説の投稿、映画の感想、艦隊これくしょんの話題など。
カテゴリ
リンクコーナー


tsuniverse

tsuniverse様のブログで、憑依がメイン。東方Projectやオリジナルの憑依漫画・イラストがあります。
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧
その他のジャンル
お気に入りブログ
最新のコメント
返信遅くなってすみません..
by 兎と亀マスク at 07:20
サムスンのタブレットが急..
by まい子 at 20:01
お返事遅くなってすみませ..
by 兎と亀マスク at 21:42
これの続きって作ってもら..
by やまやま at 21:36
電源が入らなくなるとすご..
by 兎と亀マスク at 14:13
東芝のタブレットを中古で..
by s90 at 10:52
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 22:30
読んで下さっていてありが..
by 兎と亀マスク at 22:29
nexus7なのですが、..
by ねこずき at 22:05
いつも楽しく読ませてもら..
by からさん at 23:10
最新のトラックバック
ライフログ
外部リンク
ファン
ブログジャンル

駆逐艦浜風と練習巡洋艦鹿島と提督の身体が入れ替わった!!

艦隊これくしょん外伝
駆逐艦浜風と練習巡洋艦鹿島と提督の身体が入れ替わった!!




第1話



男性に苦手意識がある浜風のため、その苦手意識を取り除いてあげようと、
鹿島はある行動に出た。


それは、明石が開発した肉体交換装置によって、女の浜風と男の提督の身体を入れ替えること。

浜風は鹿島に無理矢理連れてこられ、
鹿島によって肉体交換装置にセットされてしまう。
肉体交換装置は椅子とヘルメットがケーブルで接続されており、同じ装置が三組分ある。
そしてその椅子には浜風と提督、そして発案者の鹿島も椅子に座っている。
浜風は椅子に革紐で拘束されており、動けない。

浜風「か、鹿島さん!なんですかこの装置は」
鹿島「うふふ、これは肉体交換装置です。今から私たちの身体を入れ替えます」
浜風「い、入れ替えるって、や、やめ……」

浜風の叫びもむなしく、装置は作動を開始、椅子に座った三人を電撃が襲い、三人はそのまま気を失った。

数分して、三人はそれぞれ目を覚ました。

提督「う……な、何が起こったんですか……」
鹿島「こ、これは……おお……」
浜風「うふふ……成功したようですね」

提督は目を覚まし、股間にそそり立つモノを見た。

提督「きゃあああーー!!なにこれ!」
浜風「うふふ、それは男のチンポですよ。浜風さん、貴女は提督と入れ替わったんです」

提督「い、入れ替わったって……きゃあっ、私がいる!」

浜風「うふふ、やっぱり浜風さんの巨乳は最高ですね。提督、可愛い私になれた気分はどうですか?」
鹿島「あ、ああ……いいよ、これが……女の身体……」

提督「そんな……私の中にいるのが鹿島さんで、鹿島さんの中にいるのが提督なんですか……こんなことって……」

浜風「うふふ、それじゃ、私はこの身体で外で遊んできますから、浜風さんと提督は隣の寝室でよろしくやってくださいね」

そう言うと裸だった浜風は、タイトスカートにスーツ、ファー付きコートという商売女のような服を着て、さっさと部屋から出て行ってしまった。


提督「か、鹿島さん……ほんとに行っちゃった。ど、どうしよう……提督と入れ替わっちゃうなんて」

鹿島「は、浜風。男の……俺の身体はそんなにいやか?」

突然、裸の鹿島に声をかけられ、裸の提督は振り返った。
そこには銀髪ツインテールの可憐な容姿の鹿島がいた。ただし中身は男の提督である。

可愛い顔、魅力的で女性的な身体の鹿島を見て、男の提督はチンポが勃起した。

提督「ひゃあっ、いや……これが、男の人の勃起」

提督は思わず股間のムスコから目を背ける。

鹿島「けっこう自慢のムスコなんだ、さわってみてくれないか」
提督「いや……いくら提督のモノでも、さわりたくありません」

すると、鹿島の白い華奢な手が提督のぶっといチンポを包み込んだ。

鹿島「じゃあ、俺がさわるよ」
提督「ひゃあっ!い、いやです、こんなモノいりません……私は女なのに、どうしてチンポなんか」

女である浜風には決して感じないはずの、股間の肉棒を触られる感触を感じ、女のはずの浜風はだんだんと提督という男になり始めていた。

提督「い、いやっ、提督やめてください」

提督は鹿島の手を払った。

提督「私は女……そうよ、女の服を着れば」

提督は男を拒否したいあまり、女性の服を着て女性になりきろうとした。
提督は床に落ちていた、自分が履いていた浜風の可愛い白いパンツを手に取り、足を通してパンツをはいた。

女物のパンツをはく提督。端から見ると完璧に変態である。

提督「やだ、はみ出ちゃう」

しかし、女物の小さいパンツでは、勃起した提督の巨根は隠せず、竿の半分以上がパンツから出ていて、亀頭は完全に見えている。










[PR]
by usagitokame_mask | 2017-01-04 07:27 | Comments(0)