兎と亀マスクブログ

irekawari3.exblog.jp

入れ替わり小説の投稿、映画の感想、艦隊これくしょんの話題など。
カテゴリ
リンクコーナー


tsuniverse

tsuniverse様のブログで、憑依がメイン。東方Projectやオリジナルの憑依漫画・イラストがあります。
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧
その他のジャンル
お気に入りブログ
最新のコメント
返信遅くなってすみません..
by 兎と亀マスク at 07:20
サムスンのタブレットが急..
by まい子 at 20:01
お返事遅くなってすみませ..
by 兎と亀マスク at 21:42
これの続きって作ってもら..
by やまやま at 21:36
電源が入らなくなるとすご..
by 兎と亀マスク at 14:13
東芝のタブレットを中古で..
by s90 at 10:52
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 22:30
読んで下さっていてありが..
by 兎と亀マスク at 22:29
nexus7なのですが、..
by ねこずき at 22:05
いつも楽しく読ませてもら..
by からさん at 23:10
最新のトラックバック
ライフログ
外部リンク
ファン
ブログジャンル

<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 9月の使用データ量 17.9GBほど。

ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン

ぷららモバイルLTE 定額無制限プランの件。



f0327252_21470553.jpg

[PR]
by usagitokame_mask | 2015-09-30 21:47 | Comments(0)

自動販売機 当たり

f0327252_22021512.jpg
f0327252_22022338.jpg
f0327252_22023615.jpg

[PR]
by usagitokame_mask | 2015-09-07 22:02 | Comments(0)

女剣士ユキナと童貞デブ男ユージの身体が入れ替わった!! ボディチェンジショップ外伝

ボディチェンジショップ外伝
ファンタジー世界編
肉体交換亭へようこそ!
女剣士ユキナと童貞デブ男ユージの身体が入れ替わった!!




「あなたがユージ君ね。おっぱいアーマーに憧れて、アタシの身体を選んだんですってね」
「う、うん、あの膨らんだ胸のアーマーを着て外を歩きたいんだ」
「ふふ、アタシも自分のおっぱいの大きさとこの鎧のデザインは気に入ってるんだ。今日はアタシの身体をしっかり楽しんでね。アタシも、ユージ君の……主に、コレを楽しませてもらうから」

女剣士ユキナはズボンの上からユージの股間に手を当て、揉み揉みと揉んだ。
童貞のユージは若い綺麗な女の子に股間をムスコを触られ、一瞬で勃起し、パンツの中で射精した。
一気に部屋の中にイカ臭い匂いが広がる。

「うふふ。アタシみたいな可愛い子に触られたら、そりゃ出ちゃうわよね。ちょっと、あなたのオチンチン見せてもらうわよ」
「あっ、そんな……まだ出たばっかりで……」
「いいからいいから。ズボンおろして、パンツ脱がすわよ」

ユキナは慣れた手つきでユージのズボンを下ろした。
ユキナは何十回も男と入れ替わっているので、男の服の扱いにも慣れているのだ。

ユージは白のブリーフを履いていた。ちなみにユージのお母さんが買ったものである。
白いブリーフは勃起したユージの陰茎によって大きく膨らんでおり、亀頭からあふれた精液がブリーフの前面を濡らしている。
陰茎のサイズは標準よりやや小さいといったところか。

(ちょっと小さいわね……アタシはもっと大きいほうが好みなんだけど。まぁいっか、たまには小さいのでも!)
ユキナは心の中でこっそり思った。

ユキナはユージの精液まみれの亀頭を口でくわえ、精液を綺麗に掃除し始めた。
フェラなんて生まれて初めて経験する、童貞のユージはたちまち興奮する。やや萎えかけていた陰茎が再び固さを取り戻していく。

「うっ……出る!」
「んっ!?ちょっ……」

ユージはユキナの頭を掴み、ぐっと自分の股間へと引き寄せた。
そしてユージは自分のムスコから、ユキナの口の中へ勢いよく精子を発射させた。
いきなり口内射精されらユキナは激しくせきこんだ。

一方、ユージは初めての行為に、昇天しそうなほどの快感を感じていた。

「もうユージ君、するならするって言ってよ……そんな身勝手な子には、おしおき!」

ユキナはユージの金玉の両方を両手で握って、潰さない程度にぎゅっと強めに握った。

「ぎゃあっ!」

ユージは軽く悲鳴を上げた。

「わかった?自分だけ気持ちよくなってちゃダメよ。アタシも気持ちよくさせてくれなきゃ」
「わ、わかり……ました」
「うふふ、分かればいいのよ。素直な子は好きよ」

ユキナはユージに抱きつき、唇を重ねて、さらに舌を入れた。
ユージはまたもや射精した。

「それじゃあ、そろそろ入れ替わりましょうか。今から、アタシがユージ君になって、ユージ君がアタシになるのよ」
「う、うん……お願いします」

ユキナの雪のように白い手に導かれ、ユージの陰茎がユキナの膣内に挿入される。

(んっ……やっぱりちっちゃい)

ユキナは自分の膣でユージのオチンチンの大きさを感じていた。

(童貞でオチンチンも小さいなんて、救いようがないわね。こんなキモイ男に、アタシがなるんだ……)

ユキナは可愛い自分が、ニキビ顔でデブの男のユージの身体になることを想像し、倒錯を感じていた。

「さあユージ君、入れ替わるわよ……アタシと一緒に、同時にイクのよ」
「う、うん、ユキナちゃん……ユキナちゃんのか、身体……!!」

どぴゅどぴゅっう!!

ユージのオチンチンからユキナの膣内へ精子がぶちまけられた。

同時にイッたユージとユキナは、立って抱き合ったまま十秒ほど放心していた。



「う、うーん……」
「ユージ君、ユージ君」
「ん、なに……」
「入れ替わったわよ」
「えっ!!」

ユキナが目を開くと、目の前にニキビ顔のユージの顔があった。

「ぼ、ボクがいる……」
「成功ね。今からあなたがユキナ。アタシがユージよ。アタシ達は入れ替わったのよ」
「ボクが……ユキナちゃんに」

ユキナは股間に異物感を感じていた。
熱い肉の棒のようなものを感じる。

身体の入れ替えが完了したユージとユキナは身体を離し、服装の乱れを整えた。













[PR]
by usagitokame_mask | 2015-09-06 07:45 | Comments(0)

艦隊これくしょん 同人誌

メロンブックスで注文していた、艦隊これくしょん入れ替わり同人誌が今日届きました。

f0327252_22085874.jpg



【C88】君の隣の話。
pixiv 「deco」様の、艦隊これくしょん同人誌サンプル。

摩耶と鳥海が入れ替わります。



pixiv 「あかぎゆーと」様の、艦隊これくしょん同人誌サンプル。

暁とビスマルクが入れ替わります。







[PR]
by usagitokame_mask | 2015-09-04 22:09 | Comments(0)

ボディチェンジ!! 大魔王サタンとサタンの側室・第十王妃カメリアの身体が入れ替わった!!

ボディチェンジ!!
大魔王サタンとサタンの側室・第十王妃カメリアの身体が入れ替わった!!



魔界の王・魔王サタンは多忙の為、息抜きをする時は側室の第十王妃カメリアと身体を入れ替えて、気晴らししていた。
しかし、サタンとカメリアが身体を入れ替えている時に人間界から人間の勇者が襲来、カメリアの精神が入った魔王サタンを倒してしまう。
カメリアはサタンの身体のまま死んでしまった。

王妃カメリアの身体に入ったまま、元の身体に戻れなくなったサタン。
魔王サタンと第十王妃カメリアの間には、息子セドリックが居た。
セドリックは現在13歳、まだ独り立ち出来ていない年である。
王妃カメリアとなった魔王サタンは、母を失った自分の息子セドリックを自分の手でしっかり育てていこうと決心したのだった。







[PR]
by usagitokame_mask | 2015-09-03 22:18 | Comments(0)

後払い 請求書

f0327252_22131695.jpg

このあいだ、とらのあな通販で購入した艦これ同人誌。
支払い方法は後払いを選択していました。


このあいだ、とらのあな通販で購入した艦これ同人誌。
支払い方法は後払いを選択していました。

とらのあなは以前はクレジットカード払いか代金引換しかなかったので、代金引換を使いたくない場合はVプリカを使ってクレカ払いの代わりをしていました。
でもVプリカはけっこう不便。できるだけ使いたくありませんでした。
すると……この間、久々にとらのあな通販を利用すると、支払い方法が増えているではありませんか!
後払いでコンビニ払いが出来る方法が追加されていました。うおー、ついにとらのあな通販でもコンビニ払いが出来るようになったか!
これでもうVプリカを使うことは無いでしょう。

しかし、これも、商品が到着してから、支払いのはがきが到着するという、ちょっとめんどくさい方式。

直接コンビニ払いが出来るメロンブックスのほうがやっぱり便利だなぁ。なんで、メロンブックスが出来ていることがとらのあなで出来ないのかねぇ。







[PR]
by usagitokame_mask | 2015-09-02 22:13 | Comments(0)

悲劇!?姑と愛娘の身体が入れ替わってしまった!!

悲劇!?愛娘の身体が入れ替わってしまった!!






清美。45歳、主婦。夫は単身赴任で家にいない。
さやか。16歳、女子高生。同じ学校に彼氏がいる。
フサ子。65歳、ややボケ気味。




女子高生さやかは、祖母のフサ子が階段から下りるのを手伝っている途中、足を滑らせたフサ子に巻き込まれて一緒に階段から落ちてしまう。

幸い、二人ともたいした怪我では無かったが、二人が目覚めるのを心配して見守っていた清美は、起きたばかりの二人の態度を見て驚いた。

「あいたたた……あっ、ママ、私は大丈夫だけど、おばあちゃん大丈夫?」

65歳のフサ子が枯れた声で清美をママと呼んだ。

「うう……ん、あっ、清美さん、さやかちゃんは大丈夫かねぇ」

16歳のさやかはセーラー服を着たまま、いつもならフサ子が言うように自分の母を「清美さん」と呼んだ。




清美は衝撃で頭が混乱していた。

「まさか……娘と、お義母さんの身体が入れ替わっている?」

「やだぁ……なにこれぇ、私がおばあちゃんになってて、おばあちゃんが私になってるの!?ねぇおばあちゃん聞いている!?」

フサ子が涙声で泣きながら、孫のさやかに掴みかかって喚いている。

「これはどうしたことじゃ……ワシが目の前におるぞ。おお、なんでかワシの手がスベスベじゃ……まるでおじいさんと出会った頃まで若返ったみたいじゃ」

セーラー服を着た女子高生のさやかは、自分につかみかかってくるフサ子をあまり相手にせず、自分の身体をまじまじと見ては驚いている。





[PR]
by usagitokame_mask | 2015-09-01 22:18 | Comments(0)