兎と亀マスクブログ

irekawari3.exblog.jp

プロフィール画像は、ニコニコ静画にて、黎(クロイ)様【 @kuroi02 】からお借りしました。入れ替わり小説の投稿、映画の感想、艦隊これくしょんの話題など。
カテゴリ
リンクコーナー


tsuniverse

tsuniverse様のブログで、憑依がメイン。東方Projectやオリジナルの憑依漫画・イラストがあります。
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧
その他のジャンル
お気に入りブログ
最新のコメント
毎度おもしろい小説ありが..
by BBA at 23:21
furudolakiさん..
by 兎と亀マスク at 11:37
BBAさん、いつも感想あ..
by 兎と亀マスク at 11:37
明美さん、いつも感想あり..
by 兎と亀マスク at 11:35
面白かったです。 普段..
by furudolaki at 23:01
個人的にはこの話が一番好き
by BBA at 10:30
おはようございます ..
by 明美 at 14:59
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 08:54
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 08:53
朱雀で出るエキドナとウォ..
by 明美 at 16:29
最新のトラックバック
ライフログ
外部リンク
ファン
ブログジャンル

メロンブックス通販で購入していた艦隊これくしょん同人誌 「恋愛解消」が届きました。

pixivの「くま」氏の艦隊これくしょん漫画。
サークル名は「赤色バニラ」。
瑞鶴と加賀、いわゆる瑞加賀が描かれています。
同人誌のタイトルは「恋愛解消」。

メロンブックス通販で購入。
今日やっと届きました。2日かかったかな。


f0327252_21431688.jpg
f0327252_21432507.jpg

同人誌の感想は下↓に。(注意!ネタバレあり!)
















感想。

「恋愛解消」というタイトル。
すっきりしないバッドエンドで終わりそう。だがそういう展開を期待して買ったのです!

作者の「くま」様。東方の同人誌もいくつか出されていますね。私が東方のファンだった頃に「赤色バニラ」というサークル名は聞いたことがある気がします。でも「くま」様の東方の同人誌は買ったことないですね。「くま」様の同人誌を買うのは今回が初めてです。


表紙。加賀が瑞鶴に寄り添って体を預けている構図。よく見ると加賀が指で瑞鶴の指をちょこんとつまんでいます。
いいですね、瑞加賀はおおっぴらにベタベタしない、「ちょっとした」「さりげない」愛情表現が似合うしそういう所が良いと思います。



同人誌本編の感想。

大体はpixivのサンプル通りの内容……かと思いきや、一部順番が変わっているところがあります。
同人誌のほうだと、途中で回想を挟んでいる関係で、ちょっとサンプルと順番が違ってきていますね。サンプルで一番衝撃的だった、瑞鶴が加賀の首を絞めるシーン。pixivだと瑞鶴と加賀の事後、加賀が「私を殺して」と言う後に来るので、とても自然な流れに見えるのですが……
同人誌のほうだと、先に首締めがあって、その後に事後シーンがあります。サンプル通りではなかったので、ちょっと「おおっ!?」となりました。


加賀は瑞鶴と絡む場合は、二次創作だと「ツンツンしている」「気が強い」「見た目がなんかシャープ」なイメージで描かれることが多いですが、この本だと割と角が取れていて、見た目も性格もちょっと丸い感じ。やや柔らかめの絵柄のせいもあると思います。

この本、いろいろ迷っている加賀を瑞鶴が引っ張っていく、という感じで描かれているので、生き方に迷っている加賀の表現として、こういうやわらかめの加賀はいいと思います。



瑞鶴から見た加賀、加賀から見た瑞鶴。
サンプルでは分かりませんでしたが、この本は二人それぞれの視点で、2本立てで描かれています。これもびっくり。
あ、最終章も含めると3本立てですね。
視点を変えて描くことで、二人それぞれの思い、考えがよく分かります。


ほんのちょっとですけど、エロ展開もあります。でも乳首とか性的な部分は見えていないので、たぶんR-18ではないですね。
「加賀さん 脱いで」と言われ、素直に脱ぐ加賀。瑞鶴主導、しかも命令してのプレイ。耽美で背徳的な感じがいいですね。

首締め、快感を感じてイッてしまう?加賀。こういう倒錯的な、素直に快楽を求めるだけでは無い行為、こういう暗い感じ良いです。



「羅針盤」が出てきたり、ゲーム画面っぽいものが出てきたり、轟沈した艦娘を「再建造」出来たり、多分に「ゲーム」の艦これを意識していますね。シリアス展開なだけに、メタっぽいネタはちょっと合わない気がしました。

意気消沈の加賀を瑞鶴が引っぱたいて、物語は終了。んー、もうちょっと劇的な展開を期待していたので、ちょっと、最後が盛り上がらなかったかな?でも派手で特別なイベントで締める訳でもなく、ちゃんと加賀と瑞鶴の二人の「関係」をメインにして、きちんとある程度の希望を感じさせるこのラストは、この本全体の暗く重いシリアスな雰囲気に合っていると思います。


絵的な部分では、首締めプレイしている辺りとか、「殺して」と加賀に懇願されて嗜虐的な気持ちを覗かせている時の瑞鶴とか、絶望を感じているあたりの加賀とか、「病んでいる」感じの「目」がすごくいいですね。この本を購入した理由の一つだったりします。



そういえばこの本、後書きとか作者コメントがないですね。でもこの本は、これはああいう事だ~とか、読者側があれこれ想像して楽しむ部類の本だと思うので、下手に作者の考えとか載っていない方がいいのかもですね。


うん、良い雰囲気です。安易にハッピーエンドに行ったりしない……のがやはり瑞加賀のいいところですね。「いけない関係」という、適度に危うい愛情関係。シリアスで重い雰囲気、瑞加賀に求めていたものがここにあります。
pixiv見てどういうラストを迎えるのか気になっていましたが……これですっきりしました。瑞鶴と加賀がお互いを精神的に支え合う関係になってくれることを願います。






[PR]
by usagitokame_mask | 2014-09-19 21:42 | Comments(0)