兎と亀マスクブログ

irekawari3.exblog.jp

プロフィール画像は、ニコニコ静画にて、黎(クロイ)様【 @kuroi02 】からお借りしました。入れ替わり小説の投稿、映画の感想、艦隊これくしょんの話題など。
カテゴリ
リンクコーナー


tsuniverse

tsuniverse様のブログで、憑依がメイン。東方Projectやオリジナルの憑依漫画・イラストがあります。
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧
その他のジャンル
お気に入りブログ
最新のコメント
毎度おもしろい小説ありが..
by BBA at 23:21
furudolakiさん..
by 兎と亀マスク at 11:37
BBAさん、いつも感想あ..
by 兎と亀マスク at 11:37
明美さん、いつも感想あり..
by 兎と亀マスク at 11:35
面白かったです。 普段..
by furudolaki at 23:01
個人的にはこの話が一番好き
by BBA at 10:30
おはようございます ..
by 明美 at 14:59
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 08:54
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 08:53
朱雀で出るエキドナとウォ..
by 明美 at 16:29
最新のトラックバック
ライフログ
外部リンク
ファン
ブログジャンル

王妃ラミアとジータ入れ替わり 女同士入れ替わり 目的のために、年上の女性とわざと入れ替わる

王妃ラミアとジータ入れ替わり
女同士入れ替わり
目的のために、年上の女性とわざと入れ替わる









王妃ラミア
30歳。
国王ガノンの妻。
金髪のロングヘアーで、碧眼。高飛車な性格をしている。
おっぱいはGカップ。
国王とは相思相愛のラブラブ夫婦であり、本来国王だけが知り得る国家機密などの情報も、国王と共有している。
封印された「魔王の魂」の在処を知っており、その情報を知りたいジータによって肉体を交換され、若いジータの肉体となってしまう。
拘束されていたが、隙をみて脱走しており、ジータの肉体のまま、愛する夫・国王ガノンの元へと逃げ帰る。
以降、ジータの肉体のまま、王妃としてガノンと共に暮らすようになる。
若く美しく、さらに以前の自分より遥かに巨乳のジータの肉体を気に入り、その巨乳を活かし、愛する夫・国王ガノンとのセックス時には、パイズリを多用して奉仕するようになる。
「魔王の魂」の争奪戦の際に、偶然、封印の壺の封印を解いてしまい、魔王の魂にジータの肉体を乗っ取られてしまう。
そして逆に、魔王の代わりに、魂は封印の壺に封印されてしまい、ラミアは肉体を失うことになってしまう。


ジータ
16歳。
聖騎士バーンの恋人。
女僧侶だが、転職前の女戦士の衣装を今も愛用している。
衣装は上半身がビスチェで、バスト部分はブラジャーのように乳房を覆うようなカップ状になっている。
Iカップの超巨乳で、衣装のビスチェのカップは乳房を半分ほどしか覆っておらず、おっぱいが半分露出した状態になっている。
従順な性格で、恋人のバーンのためなら何でもする。
セックスでは自慢の巨乳を使ったパイズリが得意。
バーンの希望で、「魔王の魂」の情報を知っている王妃ラミアの元へ潜入し、「ボディチェンジ・クリスタル」を使用し、彼女と肉体を交換することに成功する。
その後、王妃ラミアの記憶を読み取ったことで「魔王の魂」の在処を知り、無事入手することに成功する。
しかし、王妃ラミアの監視がおろそかになっていたため、ジータの肉体を持ったままの彼女に逃走されてしまう。
これによりジータは元の自分の肉体に戻ることができなくなってしまい、肉体交換後の王妃ラミアの肉体のままの生活を余儀なくされる。
王妃ラミアとの入れ替わりは一時的なものだと思っていたため、元に戻れなくなったと知った時のショックは大きく、深い悲しみに包まれた。







王妃ラミアは着衣のままベッドの上に寝かされ、ベルトで身体を拘束されていて、動けない。

「貴女、魔王の魂が目的だったのね。愛するガノンのため、在処は絶対に言わないわよ」
「ふふ、別に構わないわ。私が貴女になるから」
「なんですって?」
「さあ、私とキスをしましょう」

そう言うと、ジータは王妃ラミアの唇にキスをし、さらに舌を差し入れ、強引にラミアの舌と絡めた。

「んぐっ……ん……んふぅ……」
「んふふ……ぴちゃ……ぴちゃ……」

「ぷはぁっ、はぁ、はぁ……」
「うふふ。たまには、女同士のキスも刺激的でいいでしょう?」

「さあ、もっと……女同士で愛し合いましょう」

ジータは王妃ラミアのおっぱいを両手でつかみ、指でグニグニとしごきながら、自分のIカップの巨乳と何度もぶつかり合わせた。

ジータの若く激しく、熱い愛情表現に、王妃ラミアはだんだんと魅了されていった。
女同士の甘い香りのするレズセックスによる倒錯感で、王妃ラミアは次第に思考力を失っていった。

「ジータぁ、好きぃ、愛してるわ、もっと……おっぱい揉んでぇ」

王妃ラミアはとろけたような虚ろな目で、赤ちゃんのようにジータにおねだりしている。

「ふふ、そろそろね。さあ、入れ替わるわよ」

ジータは王妃ラミアのチューブトップの服に手をかけ下にずらし、おっぱいを露出させた。
次に自分のビスチェのカップも下にずらし、おっぱいを露出させた。

そして王妃ラミアのおっぱいの先端、両方の乳首を自分の左右の手でそれぞれ掴み、引っ張り寄せて、自分のIカップのおっぱいの乳首とくっつけ合った。

「さあ王妃ラミア、貴女と私は、今、この乳首同士でひとつに繋がったわ」
「やぁ……乳首コリコリ気持ちいい……もっと、もっと乳首を刺激してぇ」
「ふふふ……いくわよ、チェンジ!!」

くっつき合った乳首を通して、ジータの魂が王妃ラミアの肉体へと移動した。
その直後、王妃ラミアの魂が、くっつき合った乳首を通して、ジータの肉体へと移動した。

「くくく……成功ね」
「はっ!な、なにが起こったの……」

ジータは突然、我にかえったように真顔になり、力をゆるめたため、二人のおっぱいの乳首は離れた。





後書き。


「チリモズク茶」様のTwitterのツイートはこちら。

話の中のジータは、このイラストをイメージして書きました。



[PR]
by usagitokame_mask | 2018-04-07 21:03 | Comments(0)