兎と亀マスクブログ

irekawari3.exblog.jp

プロフィール画像は、ニコニコ静画にて、黎(クロイ)様【 @kuroi02 】からお借りしました。入れ替わり小説の投稿、映画の感想、艦隊これくしょんの話題など。
カテゴリ
全体
未分類
リンクコーナー


tsuniverse

tsuniverse様のブログで、憑依がメイン。東方Projectやオリジナルの憑依漫画・イラストがあります。
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧
その他のジャンル
お気に入りブログ
最新のコメント
面白かったです。 普段..
by furudolaki at 23:01
個人的にはこの話が一番好き
by BBA at 10:30
おはようございます ..
by 明美 at 14:59
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 08:54
コメントありがとうござい..
by 兎と亀マスク at 08:53
朱雀で出るエキドナとウォ..
by 明美 at 16:29
おかげさまでここに来るた..
by 明美 at 16:15
>外見と内面が全く違う女..
by 兎と亀マスク at 15:57
明美さん、というのは奥さ..
by 兎と亀マスク at 15:56
面白い文ありがとうござい..
by 明美 at 14:52
最新のトラックバック
ライフログ
外部リンク
ファン
ブログジャンル

チェンジ! 1998年のテレビドラマ。母と娘の女同士入れ替わり

ウィキペディアへのリンク。


1998年のテレビドラマ。
母と娘の女同士入れ替わり





神崎瑞穂:浅野温子
さおりの母親で女優。35歳。
神崎さおり:野村佑香
瑞穂&孝太郎の娘で中学生(14歳) 

ウィキペディアより転載。

第1話に母と娘の入れ替わりシーンがあります。女同士入れ替わりです。
この入れ替わりシーンがとても好きです。放送当時、ちょうどVHSで録画して、この入れ替わり前後のシーンだけ、何度も何度も見ました。コマ送りとかスロー再生とかも駆使して。
ちなみにこの作品、ソフト化していないので、DVDとかで見ることは出来ないです。

全10話なのですが、私は第1話しか見たことないです。第1話の中でも、入れ替わり前後のシーンしか見ていません。

入れ替わりの方法は、超王道な、階段落ち。階段から落ちる直前、落雷がある描写があるので、落雷と階段落ちという二種類の組み合わせ入れ替わりになるのかな。


真夜中、二人が喧嘩して階段の途中で組み合っている
落雷が起きて二人に当たってビリビリと帯電
バランスを崩して、お互い抱き合うような恰好で転がり落ちる
一番下まで落ちて、二人とも気絶
二人が目が覚める。この時点でもう入れ替わっているが、二人は気づかないまま自分の部屋へ戻る。
翌朝、お互いの姿を見てようやく入れ替わりを知る。


という流れ。

母と娘の入れ替わりはたまにありますが、この作品は、お互い罵り合うほど、お互い仲が悪い、というのが珍しい点です。
父親と年頃の娘の仲が疎遠、というのはよくあると思うのですが、母と娘で、仲が悪いって、けっこう珍しいと思います。
仲が良い者同士の入れ替わりも好きなのですが、嫌い合っている者同士の入れ替わりもまた好きです。
二次作品だと、嫌い合っているけど百合カップリング、とかたまにありますね。
嫌っている相手の身体になって生活しなきゃいけない、って結構な試練だと思うのですよ、でも生活していくにつれて相手の良さが分かってくる。王道だけど、そういう流れ好きです。


ただ私、この作品は入れ替わり前後シーンしか見ていないので、最後二人がどうなったか、とか結末はよく知らないのですが(汗)。



この入れ替わりシーンで良いところ。

1.女同士の入れ替わり
2.母と娘の入れ替わり
3.嫌い合っている者同士の入れ替わり
4.設定上、けっこうな年齢差があって、見た目も、しっかり年齢差を感じさせる外見
5.特に母親のほうが、強く「女性らしさ」を感じさせる服装をしている
6.短い時間ながら、入れ替わる過程が映像でしっかりじっくり描かれている
7.入れ替わり直後、入れ替わりに気づかないで、普段の自分のまま行動するシーンがある

こんな感じでしょうか。



4.設定上、けっこうな年齢差があって、見た目も、しっかり年齢差を感じさせる外見

実写で女同士入れ替わりの場合、設定で年齢差があっても、演じる女優さんの都合か、あんまり見た目で年齢差を感じないことが多いんですよね。
片方は若くて綺麗、片方はおばさんで年相応に老けている……はずなのに、二人ともまあまあ美人だったりする。
入れ替わりは外見にギャップがあるほうが興奮するので、この作品の、母親のほうはそれなりにオバサンっぽい顔、娘のほうはそれなりに幼い童顔、というのがすごく好きです。


5.特に母親のほうが、強く「女性らしさ」を感じさせる服装をしている

この入れ替わりのシーンの前後だけ、母親は、袖にファーとかついたセーラー襟っぽい上着にタイトスカートという、お水っぽい、ケバい恰好をしています。
ケバいということは、それだけ「女性らしさ」が強いといえます。
「女性らしい女性が、女性と入れ替わる」。もうこれだけでメッチャ燃えます。

実写で入れ替わる女性って、あんまり着飾っていないケースが多いような。お姫様みたいなドレス着ていたり、極端にミニスカ&ロングブーツ履いているギャルだったり、フリフリヒラヒラなワンピース着ているお嬢様だったり、そういう「女性らしい服装」している入れ替わりって、あんまりない気がします。

せっかく女性が入れ替わるのに、白いシャツにジーパンとか、男でもできそうなカジュアルな服装で入れ替わられると、興奮も冷めます。

でもこの作品は、母親のほうが女性らしい服装していて、燃えます。
娘のほうは割とカジュアルなパジャマですが、その分、入れ替わった時に、母親の女性らしい服になったときの娘の心境とか考えると、燃えるのです!

ただこの服、入れ替わり後に寝る前に着替えたのか、翌朝にはもう違う服になっているんですよね。もったいない。
入れ替わり前、娘はパジャマ着ていたので、入れ替わり後も、何をするでもなく、普通に寝たと思います。
が、入れ替わるに気づくのは翌朝。入れ替わりに気づいていないのに、なぜか母親の服だけはご丁寧に脱いでいます。ここがちょっと不自然です。入れ替わり直後で、ちょっと意識がもうろうとしていたのかもしれないですが、普段着ているパジャマが、母親の服になっていたら、脱ぐときとかに気づくと思うのですが……。




あと落雷後、階段から落ちる前、母と娘、それぞれの「笑顔」の顔アップが写ります。
二人はお互い憎み合っているので、この時点で笑顔をみせるのは変なのですが、なぜか笑顔のカットがあります。
この笑顔の意図はよくわかりませんが、「憎み合っていても、心の底では通じ合っている」という、家族の絆みたいなものの表現でしょうか。
嫌い合っている二人がにっこり微笑み合う、というのは百合カップリング的にはおいしいので、そういう点では興奮する、笑顔アップです。


階段から落ちて、先に気が付いた「娘の身体になった母」が、「母の身体になった娘」を心配して「大丈夫……?」と声をかけるシーンがあります。
ここも好きなシーンです。
入れ替わり直前の行動が「お互い罵り合って組み合う」となっている二人ですが、やっぱり家族なのか、少なくとも母親は娘を大切に思っていることがうかがえて、いいシーンだと思います。
見た目若い娘が、年上の母に対して、いかにも年上っぽく優しく「大丈夫……?」という、外見との強いギャップを感じさせる言動をしているのも、興奮するポイントです。




レビュー終了。






[PR]
by usagitokame_mask | 2018-04-09 19:24 | Comments(0)